Latest news

Japan-Romania Second Seminar on Salt Studies, March 25, 2016, Iasi, Romania

第2回ルーマニア・日本製塩国際研究交流会
2016年3月25日(金)
EthnosalRo プロジェクト, アレクサンドル・ヨアン・クーザ大学文学部(ヤシ,ルーマニア)
1.開会の挨拶
マリウス・アレクシアヌ
(アレクサンドル・ヨアン・クーザ大学,ルーマニア)
2.ルーマニア先史時代製塩における土器の役割
フェリックス・アドリアン・テンカリウ
(アレクサンドル・ヨアン・クーザ大学,ルーマニア)
3.日本における土器製塩の歴史的展開
川島 尚宗(山口大学,日本)
4. クラカウ・ビストリツァ盆地における考古学的景観と塩資源に関する踏査
ニクライ・ボロハン
5. 美濃ヶ浜遺跡出土土器の胎土分析について
ヴィオリカ・ヴァシラケ、ヨン・サンドゥ、フェリックス・テンカリウ
(アレクサンドル・ヨアン・クーザ大学,ルーマニア)
6.製塩研究の展望:第2回塩人類学国際会議(2017年11月1~5日,ロス・カボス,メキシコ)の運営をめぐって(ラモン・オヘダ・メストレ博士による開催準備会議より)
ロクサナ・ガブリエラ・クルカ
(アレクサンドル・ヨアン・クーザ大学,ルーマニア)


Friday, March 25, 2016
EthnosalRo Project, Faculty of History, “Alexandru Ioan Cuza” University of Iasi, Romania
1. Opening and Greetings
Prof. Dr Petronel ZAHARIUC (Dean of the Faculty of History)
Conf. Dr Marius ALEXIANU (“Alexandru Ioan Cuza” University of Iasi, Romania)
2. The role of pottery within the prehistoric salt production in Romania
Dr Felix Adrian TENCARIU (“Alexandru Ioan Cuza” University of Iasi, Romania)
3. The study of some pottery fragments from Minogahama site, Japan
Dr Takamune KAWASHIMA (Yamaguchi University, Japan)
4. Field survey, archaeological landscape and salt sources within the Cracău-Bistrița basin
Assist. Prof. Dr Neculai BOLOHAN (“Alexandru Ioan Cuza” University of Iasi, Romania)
5. The role of pottery within the prehistoric salt production in Romania
Dr Viorica VASILACHE, Prof. Dr Ion SANDU, Dr Felix Adrian TENCARIU (“Alexandru Ioan Cuza” University of Iasi, Romania)
6. Perspectives on Salt Studies: Organization of the Second International Congress on the Anthropology of Salt (Los Cabos, Mexico, 1-5 November 2017) – Preparatory Meeting, chaired by Prof. dr. Ramon Ojeda-Mestre
Assist. Prof Dr Roxana Gabriela CURCĂ (”Alexandru Ioan Cuza” University of Iasi, Romania)

2nd-Japan-Romania-Seminar-on-Salt-Studies

No Comment

Leave a Reply

Sorry, comments are closed.